岡山に着いたとき出会いに気づいた

岡山は確かに20代前半でした。

私が飲み会で酔っぱらって足をずらしてアパートに着いたとき、私は家の鍵がないことに気づいた。
当時私はアパートの3階に住んでいました、岡山は何をすべきか迷っていました、ベランダで窓をロックせず、雨のように登って、スパイダーマンのように登って、私はバルコニーに行きました下から声が出ました。

岡山 出会い

私が底を覗いたとき、私は何があったのかと思いました、チャリを取った警官がいました。

「あなたは何をしているのですか!

「岡山、私はここにいます」

「さあ、来てよろしく!」

「なぜだ?私は家の鍵を忘れたので、たった今起きただけだ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です